top of page

<ロイヤル・カリビアン・インターナショナル>世界最大の客船アイコン・オブ・ザ・シーズの公式アンバサダーにリオネル・メッシ氏が就任


このたび、世界最大のクルーズブランド、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルから2024年1月にデビューする世界最大25万トンを誇る新造船「アイコン・オブ・ザ・シーズ」の公式アンバサダーに、サッカー界のスーパースター、リオネル・メッシ氏が就任することが決定いたしました。

サッカー界を牽引する「アイコン」とも言えるメッシ氏は、マイアミで開催される新造船「アイコン・オブ・ザ・シーズ」の命名式典に参加し、クルーズの新時代を切り開く新たな一幕がキックオフされます。



メッシ氏は次のようにコメントしています。

「ロイヤル・カリビアンが誇る革新的な新造船、アイコン・オブ・ザ・シーズの公式アンバサダーとして、クルーズの新時代を共に祝うことができることに大変興奮し、そして光栄に思っています。アイコン・オブ・ザ・シーズは、家族全員が一生忘れることができない大切な思い出を作ることができるようデザインされた客船です。今までにない驚くべき特徴を備え、従来のファミリーバケーションを凌駕する、他に類を見ない特別な体験が待っています。」

多くのサッカー関係者から「世界最高のサッカー選手」と称されるメッシ氏は、名誉あるバロンドール賞を8度受賞したほか、ロイヤル・カリビアンの公式パートナーであり、リーグカップを制覇したインテル・マイアミCFに加入し、新しいサッカーの時代をアメリカにもたらしたことで、「TIME」誌の「2023アスリート・オブ・ザ・イヤー」に選出されるなど、そのキャリアを通じて数々の記録を打ち立てています。

ロイヤル・カリビアンは、現在メッシ氏が所属するインテル・マイアミCFのメインパートナー、および公式バケーションパートナーを務めており、「リーダーシップ」「情熱」「ファンやお客様に対して忘れられないひとときを提供するという」などの点で結ばれた両社は、2024年1月にマイアミで行われる命名式典にて、ともに新造船アイコン・オブ・ザ・シーズの就航を祝う予定です。なお式典の詳細は後日発表される予定です。


アイコン・オブ・ザ・シーズは、全長365m、総トン数250,800総トン、乗客定員はツインベースで5610人(最大では7600人)、乗務員も合わせると最大9950人収容することができ、2024年1月27日のデビュー後は世界最大の客船となります。

アイコン・オブ・ザ・シーズの船内は8つの「街」から構成されており、洋上最大のウォーターパークエリアやインフィニティプール、美しい滝が宙を流れるアクアドーム、円形状のアイスアリーナ、本物の草木が植えられたオープンエアの公園、40以上もの飲食店、最新技術とトップクラスのエンターテインメントプログラムなどをご用意し、全ての年代のお客様に究極のバケーションをお届けいたします。

またアイコン・オブ・ザ・シーズは現在環境面で最も優れた先進的な燃料であるLNG(液化天然ガス)を用いた客船で、陸上電力接続や廃熱回収システムなどを組み合わせることで、より環境面に配慮したクリーンエネルギー動力を実現させています

閲覧数:25回0件のコメント
bottom of page