top of page

セレブリティ・エクセルの起工式プレミアム・クルージングの新たなレベルを確立2025 年秋の出航を目指し、受賞歴のある「エッジ・シリーズ」5 隻目の建造を開始。


セレブリティ・クルーズの次の船、セレブリティ・エクセルの建

造が開始されました。フランスのサン・ナゼールにあるシャンティエ・ド・ラトランティック造船所にて行われた起工式は、セレブリティ・クルーズの受賞歴のあるエッジ・シリーズの最新かつ最も高層となる船の記念すべき日を祝いました。

2025 年秋に出航するセレブリティ・エクセルは、かつてないほどお客様の息をのむような世界へとお連れし、姉妹船で好評を博した革新的な体験をさらに推し進め、他に類を見ないプレミアムなバケーションをお楽しみいただけるよう、未発表の新サービスをいくつかご用意しています。

セレブリティ・クルーズの親会社であるロイヤル・カリビアン・グループのジェイソン・リバティ社長兼 CEO、セレブリティ・クルーズのローラ・ホッジス・ベッジ社長、そしてシャンティエ・ド・ラトランティック造船所のローレン・カスタン総支配人が、ドライドックにある新造船用の 739 トンの最初の鉄塊を下ろしました。長年の海運の伝統の一環として、クルーズ会社と造船所の幹部は、建設過程と将来の航海の両方で船に幸運をもたらすために、新しく鋳造されたコインを最初の鋼鉄片に置きました。コインのデザインは、同ブランドのエッジ・シリーズ客船が先導する新たな卓越性にちなみ、もうひとつの偉大な技術革新である NASA のサターン V 型ロケットを記念したもの。

ロイヤル・カリビアン・グループの社長兼 CEO であるジェイソン・リバティは、次のように述べています。「今日、私たちは着工を祝うだけでなく、数え切れないほどの思い出を作る土台を築きました。「新造船を建造するたびに、ネットゼロへの旅を前進させる機会にもなります。エクセルとともに、私たちはメタノールを使用できる最初の船を建造することになり、未来のエネルギープラットフォームへの移行を前進させる一助となります。」

セレブリティ・クルーズ社長のローラ・ホッジス・ベッジは、次のように述べています。「セレブリティ・エクセルのデビューとその比類なきお客様体験が待ち遠しいです。私たちの愛するエッジ・シリーズ客船の革新的なデザインとワールドクラスの機能をさらに高めるために、彼らの職人技を貸してくれるシャンティエ・ド・ラトランティック造船所チームの継続的なパートナーシップに感謝しています。

「エッジ・シリーズは、セレブリティ・クルーズとシャンティエ・ド・ラトランティック造船所のチーム間の緊密な協力の賜物です。私たちはお互いを知り、信頼し、乗客にユニークで持続可能な体験を提供するために調和しています。」と、シャンティエ・ド・ラトランティック造船所の総支配人、ローレン・カスタンは語ります。

セレブリティ・エクセルは、レジャー旅行の限界を押し広げ、ロイヤル・カリビアン・グループが数十年にわたり取り組んできた、地球の維持に貢献する初の 3 種類の燃料を使用できるエンジンを搭載します。この新しいエンジンは、当社初のメタノールを含む 3 種類の燃料を使用することができ、比類のない燃料の柔軟性を提供します。また、2050 年までに排出ガスを完全にゼロにするという当社のビジョンであるデスティネーション・ネット・ゼロへの重要な足がかりとなります。

セレブリティ・エクセルは 2025 年 11 月にカリブ海でデビューし、初シーズンはフォートローダーデールからバハマ、メキシコ、ケイマン諸島、プエル・トプラタ、セント・トーマス、セント・マーチンを交互に巡る 7 泊の旅程で運航します。現在予約受け付け中。

閲覧数:25回0件のコメント

Σχόλια


bottom of page