top of page

カーニバル・クルーズ・ライン、2025年ヨーロッパ航路をオープン セレブレーション・キーを寄港するクルーズを追加 マイアミ、タンパ、ポートカナベラル、ニューオーリンズ発の航路を販売開



2023年10月17日、マイアミ - カーニバル・クルーズ・ラインは、新しい航路計画を発表し、その中には、カーニバル ミラクルが2025年夏にヨーロッパで配船され、さらに2025-26年にマイアミ、タンパ、ポートカナベラル、ニューオーリンズから新しいクルーズが開始されることが計画に含まれています。新しい航程の一環として、カーニバルの新しい専用寄港地「セレブレーション キー」への寄港が含まれた100本のクルーズが発表されています。カーニバルの最新の航海スケジュールへの追加情報はすべて一般に公開されており、販売中の全ての航程の詳細情報はCarnival.comで入手できます。


カーニバル・ミラクルが2025年夏にヨーロッパのクルーズを盛り上げます。


ヨーロッパでは、カーニバル ミラクルが2025年夏に16本のクルーズを行います。この2,124人収容の船は、ヨーロッパ各地へと3つの母港から出発します:ポルトガルのリスボン、イギリス(ロンドン)のドーバー、イタリアのチヴィタヴェッキア(ローマ)。シーズンの最初のクルーズは、リスボンからドーバーに向けて出発し、スペインのラ・コルーニャとビルバオ、フランスのル・ヴェルドン(ボルドー)とル・アーブル(パリ)を寄港します。


ドーバーからは、9本の航路がすでに予約可能で、9日、12日、15日の航程があります。航路はヨーロッパ各地に広がり、北アイルランドのベルファストやイングランドのリバプールを含むイギリス諸島に寄港します。一部の航路では、スペイン、ポルトガル、フランスの寄港地がハイライトとして、他の航路ではアイスランドのレイキャヴィクを含む北ヨーロッパやバルト海の目的地、オランダのアムステルダム、デンマークのコペンハーゲン、フィンランドのヘルシンキなどを訪れます。カーニバル・ミラクルはまた、ドーバーからチヴィタヴェッキアへのユニークな15日間の航程を提供し、フランス、スペイン、ポルトガル、イタリアを訪れます。


チヴィタヴェッキアから出発する複数のクルーズは、イタリア、トルコ、ギリシャの港町を訪れます。8日から14日のクルーズが利用可能です。チヴィタヴェッキアからの寄港地には、トルコのイスタンブールとクサダシ(エフェソス)、ギリシャのピレウス(アテネ)とミコノス、イタリアのナポリ、シチリア島のメッシーナが含まれます。2025年のヨーロッパからの最後のクルーズは、チヴィタヴェッキアからフロリダのタンパへの14日間のカーニバル・ジャーニーズ航程で、スペインのカルタヘナ、アゾレス諸島のポンタ・デルガダ、バハマのナッソーを訪れます。


ヨーロッパでのクルーズシリーズの後、カーニバル・ミラクルはタンパに再配置され、2025年後半から2026年にかけて6日、7日、8日のクルーズの母港となります。タンパから出発するさまざまな航程には、ホンジュラスのマホガニー・ベイ、ベリーズ、ケイマン諸島のグランドケイマン、パナマのコロン、ジャマイカのモンテゴ・ベイとオチョ・リオス、メキシコのコスメルなど、多くの目的地が含まれます。


セレブレーション キーに寄港する新たな航路


カーニバルの今後の専用寄港地であるセレブレーション キーは、2025年夏にオープン予定で、本日販売が開始された2025-26年の多くの航路の主要な要素となります。セレブレーション キーを訪れる100本の航路を追加することで、セレブレーション キーを特色とする利用可能な航程の総数が500本になりました。現在、セレブレーション キーは、9つの米国の母港から出航するカーニバルの18隻の船を迎える予定です。


タンパ港は、セレブレーション キーを訪れる航海を追加した最新のカーニバルの母港です。2025年には、カーニバル・パラダイスが4日から6日のクルーズを行い、一部の航海は新しい目的地とともに、ナッソー、ビミニ、コスメル、マホガニー・ベイなどの他の人気のある寄港地を訪れます。


マイアミ港では、カーニバル ホライズン、カーニバル マジック、カーニバル サンライズが、カリブ海全域にわたる週末のゲットアウェイから1週間のクルーズまで、さまざまな長さのクルーズを提供します。これらの航程のいくつかにはセレブレーション キーへの寄港が含まれています。その他の利用可能な目的地には、グランドケイマン、モンテゴ・ベイ、ドミニカ共和国のアンバー・コーヴ、タークス・カイコス諸島のグランドターク、ベリーズ、コスメル、マホガニー・ベイ、プエルトリコのサンファン、バハマのハーフムーンケイとプリンセスケイが含まれます。


カーニバル ビスタは、ポートカナベラルからの6日間と8日間の交互のクルーズスケジュールにセレブレーション キーへの多くの寄港を特徴とします。この船の東カリブ海のクルーズは、アンバー・コーヴやハーフムーンケイなどの目的地に訪れるほか、セント・トーマスやサンファンへの寄港も含まれています。南カリブ海の航海は、アルバとボネールなどのエキゾチックな目的地を特色とし、ポートカナベラルからのカーニバル・ヴェネツィアの季節航海スケジュールでは、セレブレーション キーと他の人気のカリブ海の目的地を訪れるクルーズもあります。


カーニバル ベネツィアは、フロリダからの特別な14日間のカーニバル・ジャーニーズクルーズも3本行います。特別なクルーズの2本はセント・トーマス、アンティグア、セント・ルシア、グレナダ、バルバドス、英領バージン諸島、サンファンを訪れ、もう1本の14日間の航海はパナマ運河を訪れ、グランドターク、アルバ、キュラソー、パナマのコロン、コスタリカのリモン、モンテゴ・ベイ、グランドケイマンに寄港します。


また、カーニバルはニューオーリンズからのカーニバル ヴァラーの新しい航路も開始しました。この船は、コズメル、コスタマヤ、プログレソ(ユカタン)、メキシコなどの人気のある目的地を訪れる4日から5日のクルーズを行います。長い航海の選択肢には、大西洋横断の6日から7日のクルーズと、2025年4月にニューオーリンズからバルセロナへの16日の航海が含まれ、ポルトガルとスペインの美しい目的地がいくつか訪れます。また、2025年6月にバルセロナからニューオーリンズへの15日間の航海も行います。



カーニバル・クルーズ・ラインについて


カーニバル・クルーズ・ラインは、カーニバル・コーポレーション&plc(NYSE/LSE:CCL、NYSE:CUK)傘下のクルーズ会社で、1億人以上のお客様を乗船させた最初のクルーズ会社であり、アメリカのクルーズ会社として知られています。50年以上にわたり、カーニバルはクルーズ業界に革命を起こし続け、クルーズ休暇を手頃で楽しい旅行の選択肢として広めてきました。。カーニバルは米国14とオーストラリア2か所を母港として運航しており、120カ国の国籍を持つ40,000人以上の従業員を擁しています。カーニバルは現在25隻の客船を運航しており、来年には2隻の客船を追加する予定です。

閲覧数:42回0件のコメント

Comments


bottom of page