top of page

カーニバル・クルーズ・ライン、新ダイニングメニューの全船に展開を開始



カーニバル・クルーズ・ラインは、カーニバル・ドリームでの試験的な成功に続き、カーニバル・コンクエストを皮切りに、ダイニングルームの新しいディナーメニューを段階的に導入します。新メニューは、チーフ・キュリナリー・オフィサーのエメリル・ラガスがカーニバルのシェフと共同で監修した数十種類の新メニューで、ダイニングルームのメニューにバラエティーをもたらします。新メニューの中には、著名なシェフでありレストラン経営者でもあるエメリル氏が自ら推薦する「エメリルセレクト」もあります。

「料理は日進月歩の芸術です。ですから、ダイニングルームで提供するメニューに新しい料理を取り入れたり、より国際的な味をフィーチャーしたり、ゲストの皆様に愛されているカーニバルの定番料理を補完したりするのが私たちのアプローチです」とラガスは語った。「カーニバルの熟練したシェフ・チームと協力して、私たちは最近、ダイニング・ルームのローテーションに加える60以上の新しい料理をテストして選びました。これらの料理がカーニバル・ドリームのお客様に大変好評だったことを嬉しく思います。」 マイアミでカーニバル・コンクエストに乗船するゲストは、次にカーニバル・ホライゾンに続き、来月にはカーニバル・サンライズ、カーニバル・ビスタ、カーニバル・ラディアンス、マルディグラの4隻の船でも、強化されたメニューを体験することになる。毎月、新メニューはカーニバルの米国母港を拠点とする数隻の船で2024年初頭まで導入される。カーニバルのオーストラリアを拠点とする客船では、来年後半に新メニューが導入されます。 新しくなったメニューの一部を以下に紹介します。また、ダイニング・ルームのメニューには、カーニバルの定評あるスペシャリティ・レストランのメニューが定期的に入れ替わります。


口当たりのよい新フレーバーが仲間入り ハワイアン・シュリンプ・ポケ - アボカド、枝豆、ライス、クリーミーなスパイシーソース、とうがらし、わかめを組み合わせた風味豊かな前菜。 ローストダックロール - ライスペーパーとネギを使った美味しい前菜で、スイートガーリックソースを添えて。 子羊の煮込みのパッパルデッレ - トマトクリームソース、ガーリック、パセリを使ったイタリア風のファーストコース。 メカジキのグリル - シトラスサフランソースにスマッシュドフィンガーリングポテト、空豆、チェリートマトのサラダを添えた美味しいシーフードの前菜。 コーニッシュ・ゲーム・ヘン - 根菜のローストとグレイビーソースを添えたエレガントな前菜。 サラダ・アントレ:究極のコブ・サラダ、チキンのアジアン・チョップド・サラダ、ビーフステーキ・サラダ。 デザート - 濃厚なチョコレートケーキ、ダッチ・ダブル・チョコレート・パヴェと爽やかなバナナ・クリーム・パイ。

エメリル・セレクトがダイニングをグレードアップ カニとエビのケーキ - このシーフード前菜は、焦がしたコーンとリンゴのスロー、レムラードソースをかけてお召し上がりください。 牛肉のカルパッチョ - マスカルポーネとトリュフのクリームを使ったイタリア風の前菜です。 鴨のロースト - クレオールのポテトウェッジを添えて。 BBQサーモン - 自家製ウスターソースが香る前菜は、アンドゥイユポテトハッシュとフライドオニオンリングを添えて。 カーニバルの定番料理が引き続き楽しめます。 エスカルゴのブルギニョンヌ - エシャロット、ニンニク、パセリのペルノバターを使った人気の前菜。 マッシュルームの詰め物 - ほうれん草、ロマーノチーズ、トリュフハーブヴェルーテがこの美味しい前菜を完成させる。 12時間煮込んだショートリブ - この主菜には、インゲン豆、チャイブマッシュポテト、トリュフオージュが添えられています。 クラシック・ビーフウェリントン - 美味しい牛フィレ肉をシュー生地で包み、甘酸っぱいブリュッセルマッシュルームのマデイラソースでお召し上がりください。 チョコレート・メルティング・ケーキ - この濃厚で温かいチョコレート・デザートは、カーニバルで最も人気のあるメニューのひとつで、アイスクリームにぴったりです。 ビター&ブラン - こちらもお客様に人気のパンプディングは、シナモン・ドゥルセ・ソースでさらに美味しく風味豊かに。





閲覧数:114回0件のコメント

Comments


bottom of page