top of page

「ロイヤル・プリンセス」、日本初寄港が決定!~2 つのコースで鹿児島、高知、横浜、青森など全 10 港へ寄港~


プリンセス・クルーズは、2013 年 6 月にロイヤル・クラス第 1 隻目としてデビューした「ロイヤル・プリンセス」が、日本へ初寄港することを発表しました。

総トン数142,000トン、乗客定員3,560名のロイヤル・プリンセスは、イタリアのモンファルコーネにあるフィンカンティエリ社の造船所で建造されました。ロイヤル・クラス第1隻目として、姉妹船であるディスカバリー・プリンセス、エンチャンテッド・プリンセス、スカイ・プリンセス、マジェスティック・プリンセス、リーガル・プリンセスに共通するプリンセス・クルーズならではの華やかでエレガントなクルーズスタイルをご提供します。海面から40メートルの高さにあり、船体から8.5メートル飛び出したガラス張りの通路「シーウォーク」をはじめとする多彩な施設をご用意しています。


ロイヤル・プリンセスの日本初寄港は、4月6日(土)シドニー発の「オーストラリアとアジア22日間」で幕を開け、アジアで人気の高い香港や台北を訪れた後、4月23日(火)以降に鹿児島、高知、大阪、清水に寄港します。そして横浜発の「日本と太平洋横断15日間」では、宮古、青森、函館、室蘭、釧路を訪れ、ウィッティア(アンカレッジ)に向けて太平洋を横断します。


ロイヤル・プリンセスの特徴的な施設は以下のとおりです。

• シーウォーク

トップデッキの船体右舷側から 8.5メートル以上張り出しているガラス張りの通路から、約40メートル下に広がる海などのドラマチックな景色をお楽しみいただけるこの船の最も特徴的な施設です。シー・ビュー・バーではドリンクを片手に、スリル満点の眺めをご堪能いただけます。


・世界各国の料理をご提供する15か所以上のダイニング・オプション

[1]メイン・ダイニング‐船内には、シンフォニー・ダイニング、アレグロ・ダイニング、コンチェルト・ダイニングの3か所のメイン・ダイニングで毎晩フルコースディナーをお楽しみいただけます。


[2]アルフレッド・ピッツェリア‐元マスター・シェフのアルフレッド・マルツィにちなんで名付けられたアルフレッド・ピッツェリアは、注文を受けてから焼き上げるピザが好評のレストランです。アメリカの新聞USAトゥデイ(USA TODAY)の「ベスト・ピザ・アット・シー(Best Pizza at Sea)」に選出された受賞歴のある、焼きたてのピザをビールやグラスワインと共にご堪能ください。


[3]サバティーニ・イタリアン・トラットリア‐プリンセス・クルーズを代表する人気のスペシャリティ・レストラン、サバティーニ・イタリアン・トラットリアでは、旬の食材を使ったパスタ、素材を生かしたシーフード、魅力的なデザートを種類豊富なワインと共にご提供します。


[4]インターナショナル・カフェ‐24時間オープンしている人気エリアでは、軽食やスイーツ、コーヒーや紅茶などのドリンクをご用意しています。


[5]ワールド・フレッシュ・マーケットプレイス‐朝から夜まで時間ごとに様々なメニューを取り揃えています。


[6]クラウン・グリル‐落ち着いた雰囲気の内装とシアタースタイルのキッチンを備えたアメリカン・スタイルのステーキハウスでは、ロブスターやプレミアム熟成ビーフなどこだわりのメニューの数々をご用意しています。


ワールドクラスのエンターテイメント

プリンセス・ウォーターカラー・ファンタジー・ショーは、音楽に合わせて 10 メートルの高さまで上がる噴水とイルミネーションが繰り広げられる魅力的なプログラムです。ムービーズ・アンダー・ザ・スターズは、69,000 ワットの音響システムと 28 ㎡以上のスクリーンを備えた屋外シアターで、映画、コンサート、スポーツイベントなどをお楽しみいただけます。プリンセス・シアターでは、受賞歴のあるラスベガス・スタイルのプロダクション・ショーをはじめとする華やかなプログラムを上演します。


多彩な船内プログラム

ロイヤル・プリンセスでは、楽しさと心躍る瞬間が無限に広がっています。スポーツコートでは、お客様同士で体を動かし交流を深めることができます。また、ロータス・スパで極上のひとときをお過ごしください。究極のリラクゼーションをご希望の方は、2 つジャグジーを備えた大人専用のリラクゼーション・スペース、サンクチュアリで心安らぐ時間をお過ごしいただけます。

閲覧数:65回0件のコメント

Comments


bottom of page